気になる彼の行動から見る「脈あり・脈なし」判断ポイント10

2013年8月29日 18時06分 (2013年9月4日 17時32分 更新)
■ はじめに

気になる男性と、二人っきりで会うことはあるものの、彼の態度がはっきりと脈ありなのか脈なしなのかわからない、そんな経験はありませんか?実は女性には気づかない脈ありサインを見逃しているかもしれませんよ。次はいつ会えるのか、これからの未来に期待を膨らませていることでしょう。デート中やメールでのやりとりを思い出して、どれくらい可能性があるのか探っていきましょう。

■ 脈あり行動◯

◎ 1:何気ないメールのやりとりがある

特に大した用事もないのに、あなたと何気ないメールのやりとりをする場合、あなたに好感を抱いている可能性が高いです。本当に興味がない場合は、メールを返すこともないでしょう。仕事があまりにも多忙な男性はメールを返さないことがあるかもしれません。会う約束等、返信が必要なメールが返ってくるという場合、脈ありと考えます。もう少し様子を見ましょう。

◎ 2:動作が一致する

デート中、カップやグラスを持つタイミングなど、何気ない動作が一致することはありませんでしたか?もしもそうした回数が多い場合、心理学的にあなたに好意を持っていることが考えられます。

◎ 3:こちらに質問をする、興味を持ってくれる

話をしていて、あなたに興味をもって質問をいろいろと投げかけてくれる場合、あなたのことをもっと知りたいと思ってくれています。

◎ 4:自慢話をする

男性の性格にもよりますが、女性に少しでもアピールしたいと考え、自己開示をする(自分の話をどんどんする)場合、好意を持っている可能性が高いです。

◎ 5:夕食のデートの後、「もう一軒」がある

夕食の後、カフェに行ったり、もう一軒バーに寄ったりと、あなたをすぐに帰そうとしない場合、好意を持ってくれています。もっと一緒にいたい、もっとあなたを知りたいという気持ちからの行動でしょう。会って間もないにもかかわらず、終電が過ぎても引きとどめようとする場合は、下心を目的にしている可能性があります。ここでは、女性の時間的な余裕、状況を配慮してくれた上での「もう一軒」である場合を想定しています。

◎ 6:次の約束がある

最初のデート、あるいは二度目のデートが終わった後、また次に会う約束ができるかどうか、ここで彼の本当の気持ちを知ることができます。「楽しかったね」「またぜひ行きましょう」等の言葉は、もしかしたら社交辞令かもしれません。次の約束ができているか、男性の言葉ではなく、行動で判断しましょう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ブログに投稿
  • mail

注目の商品

携帯電話でニュースをチェック!
携帯ポータルサイト「エキサイトモバイル」