山口県下関市、JR下関駅ビル3/16開業 - 「リピエ」県内初出店含む計24店舗

2014年1月7日 08時00分 (2014年1月7日 10時03分 更新)
JR西日本グループは6日、「下関駅にぎわいプロジェクト」の一環で、「JR下関駅舎改良」「東西連絡通路整備」「JR下関駅ビル」「ショッピングセンター『リピエ』」が3月16日に完成・開業すると発表した。

下関駅は2006年1月に発生した火災で旧駅舎が消失。仮駅舎での営業が続いたが、下関市の玄関口にふさわしいにぎわいの創出と利用者へのサービス向上を目的に、「下関駅にぎわいプロジェクト」が進められ、この一環で駅舎を改良し、新たな駅ビルが整備されることに。旧駅舎の三角屋根のシルエットを再現した外観デザインとなり、エントランスには旧山陽ホテルのレリーフを設置。建物南側壁面には海の生き物たちが描かれるという。

JR下関駅ビルの1・2階はショッピングセンター「リピエ」として、山口県初出店の16店舗を含む計24店舗を展開。「ニコアンド」「アース ミュージック&エコロジー プレミアム ストア」「ゾフ」などファッション・雑貨のテナントが充実するほか、1階に「ヴィドフランス」、2階に「サンマルクカフェ」もオープンする。会員カード「リピエポイントカード」も発行。3階は下関市公共施設「ふくふくこども館」(4月1日開館予定)となる。

東西連絡通路(下関市施工)も整備され、下関駅の出改札は中2階東西連絡通路に移設される。JR西日本グループは新しい駅ビルや東西連絡通路の完成・開業などにより、「駅からペデストリアンデッキ(人工地盤)にスムーズに移動いただけることになります」としている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品