0

マイクロン、価格を抑えつつ性能上位の2.5型SSD「Crucial M550 SSD」

2014年3月19日 18時04分 (2014年3月19日 21時00分 更新)
マイクロンジャパンは19日、コンシューマ向け2.5型SSDの新製品「Crucial M550 SSD」を発表した。価格を抑えながらも高性能モデル並の転送速度を実現している。容量ラインナップは1TB/512B/256GB/128GBで、全モデル7mm厚。連続書込速度は全モデル共通で最大500MB/秒。3月下旬より順次出荷を開始し、価格はオープン。

コストパフォーマンスを重視していた従来製品「Crucial M500 SSD」の後継となるが、M550ではより性能の向上に重きをおいており、低容量モデルでも転送速度が落ちない点も特徴だ。同社によれば、M550はM500に対し128GBモデルの連続書込速度で約2.7倍、256GBモデルの連続書込速度で2倍、ランダム書込も128GBモデルで約2.1倍、256GBモデルで約1.3倍と大幅に速度が向上。

なお、M500の販売も継続し、性能重視のM550、コスト重視のM500という併売体制をとることになる。位置づけとしては、M550はM500の上位製品と見たほうが正しだろう。

インタフェースはSATA 6Gbps、きょう体は2.5型7mm厚で、ほかmSATA/M.2 Type2280インタフェースの製品も予定(出荷は4月以降の見込み)。NANDフラッシュはMicron製の20nm MLC。製品寿命(MTTF)は120万時間で、耐久性(総書き込みバイト数)は72TB(40GB/日で5年間に相当)。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品