0

マイクロン、リード最大550MB/秒で低価格な2.5インチSSD「Crucial MX100」

2014年6月3日 16時29分 (2014年6月3日 19時01分 更新)
マイクロンジャパンは3日、高速性と低価格を両立する2.5インチSSD「Crucial MX100」を発表した。容量が128GB / 256GB / 512GBの3モデルを用意。6月6日より発売する。価格はオープンで、店頭予想価格は128GBが9,000円前後、256GBが13,000円前後、512GBが25,000円前後。

上位機種「M550」に迫る高速性と、普及機種「M500」よりも低価格な2.5インチSSD。将来的には「M500」の後継機種になるとのこと。SSDコントローラに「Marvell 88SS9189」を採用し、Micronカスタムファームウェアを搭載。メモリタイプは、128GBがMicron 20nm MLC NANDフラッシュ、256GB / 512GBがMicron 16nm MLC NANDフラッシュとなっている。

シーケンシャルリードは全モデルが550MB/s、シーケンシャルライトは128GBが150MB/s、256GBが330MB/s、512GBが500MB/s。ランダムリードは128GBが80,000IOPS、256GBが85,000IOPS、512GBが90,000IOPS、ランダムライトは128GBが40,000IOPS、256GBが70,000IOPS、512GBが85,000IOPS。

インタフェースはSATA 3.0(6Gbps)で、MTTFは1,500,000時間。AES 256bit暗号化エンジンを搭載し、アクティブガベージコレクション、TRIM、S.M.A.R.T.、誤り訂正符号などの機能を備える。本体の厚さは7mm。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品