0

ニコニコ動画でFlashPlayer更新を装う広告、悪意あるプログラムのDLを誘導

2014年6月20日 19時30分 (2014年6月20日 19時51分 更新)
ドワンゴは、自社が運営する動画サービス「niconico」において、同サービス上でFlashPlayerの更新を装い、悪意のあるウェブサイトへ誘導する広告が表示されていたことを発表した。

6月19日未明より、「niconico」サービス内FlashPlayerの更新を促す通知に見せかけた誘導が表示され、誘導に従っていくとマルウェア(悪質なソフトウェア)がダウンロードされるという現象が発生。ネット上で騒ぎとなり、ドワンゴが調査した結果、問題の広告はマイクロアドが提供する広告配信サービス「MicroAd AdFunnel」を経由して表示された広告に埋め込まれたスクリプトが原因であることが判明した。その後、マイクロアド側に確認し、6月19日正午までに「niconico」と該当の広告ネットワークとの通信遮断を実施している。

ドワンゴ、マイクロアドはともにプレスリリースを配信し、停止処置の完了を報告。現在、当該広告は配信されていないが、被害規模や被害の判別方法、被害を受けた場合の対応方法、さらには「MicroAd AdFunnel」を提供している他のメディアについて、両社は調査を進めているという。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品