0

リストラされる「ゆるキャラ」たち、全国区で有名なのは「5体」だけ?

2014年8月3日 11時23分 (2014年8月21日 11時20分 更新)

地方自治体などが、町おこしや商品PRのために作成する「ゆるキャラ」。全国区で有名になるキャラクターが出てくる一方、今年4月には大阪府が、増えすぎた「ゆるキャラ」のリストラに乗り出すなど、ブームをやや沈静化させるような動きもある。流行に便乗して作られたものの、PR効果がはっきりしないキャラクターもいるようだ。


 「ゆるキャラ」ブームの勢いはすさまじい。2010年に初めて開催された「ゆるキャラグランプリ」では、エントリー数はわずか169体だったが、12年には865体、13年には1580体まで増えた。もともとは漫画家のみうらじゅんと、イラストレーターの安齋肇が名付けた「ゆるいキャラクター」のことを指すが、一躍有名になったのは2010年。奈良県の「せんとくん」が、市民や仏教界などから「気持ち悪い」「仏教を侮辱している」などと批判され、話題になった。同年からは「ゆるキャラグランプリ」が開催され、11年には「くまモン」が王者に。13年に初めて開催された「ご当地キャラ総選挙」では、千葉県船橋市の「ふなっしー」が1位となり、ブームとなっている。「総選挙」のエントリー数は480体もあったという。


 ゆるキャラが増えるにつれ、「生き残り」をかけた競争も激化している。日本リサーチセンターが、全国の15~79歳までの男女1200人に調査したところ、最もよく知られているのは「くまモン」と「ふなっしー」で、いずれも認知率は8割半を超えた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品