0

田舎暮らしに最適な自治体は? 2015年版の“住みたい”ランキング。

2014年12月29日 06時44分 (2014年12月31日 00時00分 更新)
宝島社は12月29日に発売した「田舎暮らしの本」2月号で、「2015年版 住みたい田舎ベストランキング」を発表した。

「住みたい田舎ランキング」は、定住促進に積極的な295市町村を対象に、10ジャンル全95項目のアンケートを実施し、“田舎暮らしに最適な自治体”をランキングでまとめたもの。アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」「医療介護体制の充実度」などを設定した。

第3回を迎える今回のランキングは、島根県大田市が総合1位に。「移住者支援制度が充実」「就職・就農支援が手厚い」「子育てのしやすい環境」などの理由から選ばれた。

次いで鳥取県鳥取市が2位。以下、大分県豊後高田市、鹿児島県薩摩川内市が同率3位、佐賀県武雄市が5位という結果となった。

総合ランキングのほかに、読者ニーズに合わせ「子育て世代にぴったりな田舎」や「シニア世代が暮らしやすい田舎」「週末に通える田舎」など、計7つの部門別ランキングも発表している。

◎総合ランキング

1位 大田市(島根県)
2位 鳥取市(鳥取県)
3位 豊後高田市(大分県)
3位 薩摩川内市(鹿児島県)
5位 武雄市(佐賀県)

◎部門別ランキング

・子育て世代にぴったりな田舎:1位 伊那市(長野県)
シニア世代が暮らしやすい田舎:1位 武雄市(佐賀県)
・週末に通える田舎:1位 館山市(千葉県)


Narinari.comってどんなサイト?
http://www.narinari.com/
元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20141229479.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品