0

マイクロン、新たな最上位SSD「Crucial MX200」 - 2.5型・mSATA・M.2を用意

2015年1月7日 11時43分 (2015年1月7日 13時30分 更新)
マイクロンジャパンは7日、CrucialブランドのSSD新製品「Crucial MX200」を発表した。2.5型7mm厚SATA版のほか、mSATA、M.2 Type 2260、M.2 Type 2280という各プラットフォーム版を用意。容量は250GBと500GBで、2.5型SATA版には1TBモデルもある。

2.5型SATA版は1月下旬から、そのほか各プラットフォーム版は2月以降、順次出荷の予定。価格はオープンで、店頭予想価格は2.5型SATA版の250GBが17,000円前後、500GBが30,000円前後、1TBが57,000円前後の見込み。ラインナップ的な位置付けとしては、現行のハイエンドモデル「Crucial M550」の後継となる。

Micron製の16nm MLC NANDフラッシュを採用し、コントローラは「Marvell 88SS9189」(カスタムファームウェア)、インタフェースは各プラットフォーム版ともSATA 3.0(6Gbps)だ。従来モデルと比較して耐久性が向上しており、総書込バイト数(Total Byte Written)は、250GBが80TBW、500GBが160TBW、1TBが320TBWとなっている。

リード速度とライト速度は、各プラットフォーム版および各容量で共通。シーケンシャルリードは555MB/秒、シーケンシャルライトは500MB/秒、4KBランダムリードは100,000IOPS、4KBランダムライトは87,000IOPだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品