ネット上のネガティブな情報を気にして、購入をやめる人の割合とは?

2015年2月6日 11時00分 (2015年2月6日 12時30分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
エルテスは2月5日、インターネット上の情報が、消費者の購買活動や企業の業績にどれほど影響するのかを明らかにするため調査を実施し、その結果を発表した。

これによると、調査対象となる消費者の9割は、商品やサービスを購入する際にインターネット検索を利用し情報収集を実施。91.5%の人はネガティブな口コミなどの記載を気にするほか、79.6%の人は、実際に購入をとりやめる可能性があることが分かった。

また、商品やサービスを購入後、自ら口コミや情報の記載を行った経験のある消費者は、12%にとどまる結果となった。

なお、同調査は、1月23日~27日の間に全国の20代~60代の男女1083名を対象に、NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションがインターネットを利用して行ったものだ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)