0

あの勝間和代が麻雀最高位戦でプロデビュー「話題作りじゃなくガチ。むちゃむちゃモテますよ~」

2015年2月22日 20時00分 (2015年3月6日 15時01分 更新)

プロ雀士デビューした勝間和代さん

[拡大写真]

働く女性を中心に多くの“カツマー”なる熱狂的信者を生み出した経済評論家・勝間和代氏がなんと今年、プロ雀士に! 

か、勝間センセー、なぜ今、麻雀なんですか!? そして勝つ麻雀=カツマージャンの極意を教えてください!

―まずはプロ試験合格おめでとうございます。勝間さんがプロ雀士とは驚きました。そもそも麻雀を始められたきっかけは?

勝間 私、もともとゲームがすごく好きで、ファミコンの時代からいろいろなゲームをやってきたんです。人生の中であまりゲームをしてなかったのは子育て時期ぐらいで(笑)。

麻雀は昔、ファミコンでやったこともあったけど、当時はRPGほどハマらなかった。でも1年前にゴルフ仲間と久しぶりに麻雀をやったら、ひとりとても強い人がいて、いつもその人だけが勝つんです。これは何か秘密があるのではと思って聞いたら「プロから競技麻雀を習ってる」と。

―そこで勝間さんのハートに火がついたと(笑)。

勝間 それで実際にやり始めたら、麻雀は確率統計のゲームなんだということがわかったんです。私がこれまでにやってきた経済や数学の理論も麻雀にはことごとく応用できるぞ、と。

―とはいえ、そこからたった1年でプロ試験に合格されるとはさすがです。

勝間 私、ゴルフだと習ったことがその場でできないんですよ。「先生が言ってることは頭ではわかるんだけど、体が動きません」っていう(笑)。でも麻雀ならトッププロに理論的にこうだよ、と教えてもらうと、次からわりとその通りにできるので、私の持っている強みが生かせるゲームなんだと思います。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品