0

打ち切りアニメ7選!なんと4回で打ち切りになったものも!

2015年3月7日 09時59分 (2015年3月25日 12時25分 更新)

現在では「クールシステム」が一般的になっているため、アニメ番組の打ち切りなんて事態はほとんど見られなくなっています。しかし、かつては「低視聴率のため」「スポンサーの都合」など、さまざまな理由で予定の話数を放送できなかったアニメがたくさんありました。

今回は、そんな不幸な目に遭ったアニメ作品をご紹介します。

■『ドン・ドラキュラ』(放送:1982年)

手塚治虫先生の同名漫画をアニメ化。なんと放送されたのはたったの4回で、「日本最短で打ち切りになったアニメ作品」といわれています。製作を担当したのは、手塚プロダクションと三京企画ですが、この三京企画はアニメ放送中に倒産しています。

■『RGBアドベンチャー』(放送:2006年)

BS-iで放送されたアニメ作品ですが、半年の予定だったのですがわずか第6話で終わってしまいました。第6話の後は「番外編」「総集編」が放送されたのですが、第7話以降は放送されませんでした。「制作会社の都合により放送継続が不可能になったため」だそうです。

■『SF西遊記スタージンガーII』(放送:1979年)

松本零士先生原作のアニメ。前作『SF西遊記スタージンガー』は好調で全64話、65話から改題して『SF西遊記スタージンガーII』になったのですが、タイトル変更後はわずか9話で終了。『SF西遊記スタージンガー』は全73話となっていますが、IIが9話分含まれています。

なんだかお気の毒ですね。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品