0

カナダ留学の魅力について

2015年3月20日 22時42分 (2015年3月24日 10時42分 更新)

学生の窓口編集部

[拡大写真]

ただケベック州の公用語はフランス語なので、英語を学ぶ場合でもフランス語の基礎知識はあった方がよいでしょう。

カナダ最大の都市トロントは、東部に位置し経済の中心都市として発展を続けています。トロントは、アメリカ東部の街へもアクセスが可能。バンクーバーと同じく語学学校の数が多いので、留学生の数も多いです。できるだけ大都市で学びたい人には間違いなくトロントが第一候補になるでしょう。

このようにカナダは広い国土でいろいろな顔を持つ魅力的な国。英語(またはフランス語)を学ぶなら、ぜひカナダへ!

(石渡章義)

●著書プロフィール
1968年生まれ。早稲田大学第二文学部卒。(株)毎日エデュケーション取締役大阪支社長、韓国ソウルオフィス責任者。海外留学カウンセラーとして小中高生から社会人やシニア、法人研修向けコンサルティング、高校・大学等の教育機関への海外留学研修プログラムの企画立案などに取り組む。また、諸外国との国際交流プロジェクトや社会変革に携わる人たちを応援する「チェンジメーカー留学」といった新しいジャンルの留学プログラムなどを開拓している。総合旅行業務取扱管理者/JAOS認定留学カウンセラー/NPO法人日韓コミュニケーション協会理事

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品