実は人間に一番優しい動物はワンちゃんではなくネコだったと判明

2015年3月24日 15時46分 (2015年11月27日 19時25分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
人間に最も優しく、最もフレンドリーな生き物は犬であるというのは周知の事実です。

でもあのツンとすましているネコも犬と同じくらい、いやそれ以上に人間に優しい存在であるとミズーリ大学の研究者が発表しています。


ネコが人間に優しいというのは、医学的な見地からみての意見です。というのも研究によるとネコと人間の遺伝子は犬と比べるとかなり近いものがあるそうです。

そのため人間がかかってしまうさまざまな病気はネコの世界にも存在しているのです。たとえば、ぜんそくや糖尿病、エイズといった病気が当てはまります。

人間により近いネコの遺伝子を具体的に調べることによって、
治療が困難な病気の解決の糸口が見つかるかもしれないと研究者たちは期待を寄せています。

ネコは犬に比べるとどこかそっけないところもありますが、私たちにとっての救世主になりうる
存在なのです。
町で見かける野良猫にこっそり心の中で「ありがとう」とつぶやきたくなっちゃいますね。

Forget dogs, cats are man’s new best friend: Scientists are looking at genetic make-up of moggies to help in fight against diseases including diabetes and asthma
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2925486/Forget-dogs-cats-man-s-new-best-friend-Scientists-looking-genetic-make-moggies-help-fight-against-diseases-including-diabetes-asthma.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)