0

○○が好きな人は、1年以内に恋人ができる可能性46%アップ―独研究

2015年3月24日 15時46分 (2015年11月27日 18時25分 更新)
最近、人助けをしましたか? 恋人募集中なのに、「人助けなんて、いつやったけ……」と思い出せない人は要注意! 困っている人がいたら、積極的に助けるようにした方が良いかもしれません。


その根拠は、社会心理学と人格科学の専門誌に発表されたドイツの研究。全国規模のアンケートデータから12,000人以上の独身者を調査したところ、「人助け」が恋人獲得に関係しているという結果が出たのです。

同研究によると、「週に1度人助けをしている」人は、そうでない人に比べ、1年以内に恋人ができている確率が46%も高いとのこと。46%高いというと、ほとんど1.5倍。侮れない数字です。

無条件に他者に利益を与える「親切」を厭わない。そう言われると、確かにそういう人が先に恋人を獲得してくのかなと納得できます。

震災復興にまつわるボランティアや、地域のボランティアなど、探してみると案外ある「人助け」のチャンス。忙しい毎日でそういった活動に参加できない人でも、日頃から他人に親切に接するアンテナを張っておきましょう。

きっとそのうち本物の親切体質になり、恋人もできるに違いありません。

参考:
The Social Activity That Could Make You More Datable
http://www.womenshealthmag.com/sex-and-relationships/qualities-that-make-you-more-datable

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品