0

無修正動画の閲覧 違法性に対する弁護士及び警察庁の見解は

2015年3月29日 16時00分 (2015年3月29日 16時33分 更新)

 モザイクのかからない無修正動画といえば、外国人ポルノ女優が出演する「洋モノ」や、日本人の無名女優ばかりだった時代は終わりを告げた。今年に入って、人気セクシー女優・上原亜衣の無修正作品が配信されるなど、男性週刊誌のグラビアを飾る有名女優が続々と「無修正デビュー」しているのだ。

 無修正動画について回る問題が「違法性がないか」である。日本国内ではモザイク処理をしていない作品は摘発対象だが、「カリビアンコム」のような無修正動画配信サイトはサーバーが海外にあることが解釈を複雑にする。弁護士の岡田崇氏が解説する。

「インターネットで猥褻動画を公開して他人に見せると猥褻電磁的記録頒布罪(刑法175条)に当たりますが、無修正サイトは海外で、海外のサーバーにデータをアップロードして動画を配信しているため日本の刑法を適用するのが困難とされ、放置されているのが現状です。無修正動画を個人で視聴すること自体は刑法でも犯罪とはされておらず、見る側が逮捕されることはありません」

 警察庁生活安全局保安課も同様の見解を示した。

「あくまでも猥褻な文書や図画、電磁的記録に係る記録媒体などを頒布し、または公然と陳列した者は罰せられるというもので、個人的に楽しむ目的で海外の動画を購入したとしても罪に問われることはありません。ただし児童ポルノは罪に問われるほか、個人使用を超えて第三者が閲覧できるような状態にすると取り締まりの対象となります」

 したがってダウンロードした動画を自分で別の動画サイトにアップしたり、知人に販売、貸与したりすれば罪に問われる可能性が出てくる。

※週刊ポスト2015年4月3日号

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品