0

"イマドキ"カップルはやっぱり堅実!? 婚約指輪の金額は夫の給料の約1カ月分

2015年5月16日 10時00分 (2015年5月18日 11時00分 更新)
プラチナ・ジュエリーの広報機関であるプラチナ・ギルド・インターナショナルは13日、「ジューン・ブライド」の季節が近づいたことに合わせ、婚約指輪と結婚指輪(保有者のみ)に関する調査結果を発表した。それによると、 婚約指輪の金額が夫の給料の「約1ヵ月分」となることがわかった。かつては「婚約指輪は給料3ヵ月分」と言われていたのに対し、最近の堅実なカップルの姿がうかがえる結果となった。

同調査は、2015年2月21~22日にインターネットにて行われ、25歳~39歳の結婚5年以内の女性で、婚約指輪及び結婚指輪の保有者600人から有効回答を得た。

婚約指輪に関して、購入額とその金額が夫の給料の何ヶ月分になるかを質問したところ、購入額の平均は37万9,955円となった。また、夫の給料では「約1ヵ月分」という回答が最多(夫の給料の何ヵ月分か「不明」と回答した46.7%を除く)となった。かつては「婚約指輪は給料3ヵ月分」と言われていたのに対し、最近の堅実なカップルの姿がうかがえるという。

結婚指輪については、平均購入額(2人分)が24万2,059円で、夫が全額支払ったカップルが約6割で1位、夫婦で半分ずつという回答が次いで2位となり、4人に1人の女性が結婚指輪代を夫と折半していることがわかった。このほかに「妻が全額支払った」や「夫の両親が購入」、「お互いの分を支払う」という回答もあり、カップルによってさまざまなお財布事情があることも最近の傾向のようだとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品