0

あの文字ってなんて入力すると出てくるの?「々」⇒「おなじ」

2015年6月13日 15時23分 (2015年6月13日 18時26分 更新)
キーボードで文字入力をしていると、「この文字はどうやったら入力できるのか」と悩む文字がありませんか。例えば「々」は、どうすれば入力できるのか分からない人が多いと思います。今回は、この「々」をはじめ、どうやって入力すればいいのか分からない文字の入力方法をまとめてみました。

■ちゃんと知っておくと文字入力の短縮にもなる!

●「々」⇒「おなじ」
野々村や佐々木など名字で見ることの多い「々」という文字。「おなじ」または「どう」と入力すると変換することができます。いちいち「佐々木」と入力していて前後を消していた人には朗報です。

●「〃」⇒「おなじ」
繰り返しの意味で使う場合がある「〃」ですが、これも先ほどの「々」と同じく「おなじ」で変換できます。こうした繰り返しを表す記号を「踊り字」というそうです。

●「○」⇒「まる」
白い丸や黒い丸を出したいときは、「まる」と入力して変換すれば2種類とも出すことができます。ご存じの人も多いかもしれませんが、念のためご紹介。

●「※」⇒「こめ」
注釈などを入れる際に使うことの多い「※」は、「こめ」と入力して変換することで入力できます。ちなみに良く似た「*」は、アスタリスクといいますが、入力にはシフトと「け」のキーを押せばOKです。

●「∀」⇒「すべて」
顔文字でよく見るこの記号ですが、これは数学の記号の一つで「すべて」という意味。つまり入力の際も「すべて」で変換すると出てきます。入力ソフトによっては「たーんえー」でも可能。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品