セキュリティサービスで新たにWAFを提供 - CDNetworks

2015年7月17日 09時50分 (2015年7月17日 12時40分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
シーディーネットワークス・ジャパン(CDNetworks)は7月15日、既存のウェブセキュリティ・サービス「クラウド・セキュリティ」にWeb Application Firewall(WAF)サービスを追加し、同日より提供を開始したと発表した。

追加したWAFサービス「クラウド・セキュリティWAF」は、インフラを世界中に分散配置したクラウド型であることが特長。世界6拠点にまたがるセキュアードCDN配信プラットフォームは大規模攻撃に対応可能な豊富なキャパシティを有するという。また、世界160か所に分散配置したCDN配信プラットフォームより、高パフォーマンスなコンテンツ配信も実現する。

静的ルールのほか、IPレピュテーション、ビヘイビア検知など、マルチレイヤのファイアウォールで多様な攻撃を検知・ブロックし、企業のWebセキュリティを補完する。

また、24時間365日、セキュリティ専門エンジニアがウェブサイトやウェブサービスの監視・サポートを行う。新たな脆弱性に対応したプログラムの納品までに時間がかかる場合でも、WAFサービスを利用することで特定の攻撃に対して即座に対処が可能となるとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)