0

歯科医に聞く、むし歯は早期なら修復できる!

2015年8月23日 16時16分 (2015年8月23日 22時25分 更新)
神経も死ぬので痛みを感じなくなります。

9番の白くてドロドロしたものの正体は膿(うみ)です。これは細菌と戦った白血球などの死骸(しがい)で、口臭のもとになります。

むし歯菌が歯ぐきや歯を支えている骨まで感染する恐れがあるため、歯を残すことは難しく、抜歯します」(江上医師)

歯の変化をチェックする場所について、江上医師はこうアドバイスします。

「『歯と歯の間』、『歯と歯ぐきの境目』、『上の歯と下の歯のかみあわさる面』の3カ所は、歯ブラシが当たりにくいのでむし歯になりやすい部位です。鏡で、歯の正面だけでなくその部分をよくチェックしましょう。

また、半年に一度は歯科医院で定期検診を受けましょう。むし歯の有無をチェックするだけでなく、ブラッシング方法や回数など、むし歯になりにくい生活習慣の指導を行います」

歯の違和感は、日々、歯の色を見ながらチェック項目の1番の状態までに気付くようにしたいものです。

(岩田なつき/ユンブル)

取材協力・監修 江上一郎氏。歯学博士。専門は口腔(こうくう)衛生。歯科・歯科口腔外科・口臭治療の江上歯科院長。
江上歯科 大阪市北区中津3-6-6 阪急中津駅から徒歩1分、御堂筋線中津駅から徒歩4分 http://www.egami.ne.jp/

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品