0

レトロなトイカメラのデジカメ版「Holga Digital」が登場

2015年12月2日 16時54分 (2015年12月2日 18時50分 更新)
inter-waveは、トイカメラ「Holga(ホルガ)」をデジタル化した新製品「Holga Digital(ホルガ デジタル)」を発売する。ホワイト、ピンク、ミックス、ブラックの4色展開。販売開始は2016年1月。価格は9,800円(税別)。

このたび発売される「Holga Digital」は、レトロな作りと味のある描写が人気のカメラブランド「Holga」の初となるデジタルカメラ。クラウドファウンディングによって開始からわずか4日で目標額を達成し、最終的には2,500人以上の出資者から、目標額を大きく上回る600%超もの資金調達に成功し、商品化を実現したもの。

Holgaカメラの特徴とも言える、背景のケラレやぼけ、光漏れ、ゆがみ等が生じる仕上がりはそのままに、Wi-FiやSDカードに対応し、撮った写真をその場でスマートホンやタブレットなどに写真を送ったり、SNS等にアップロードしたりできるなど、今どきのデジタルカメラ事情を押さえた作りとなっている。また、撮影時は、アスペクト比を4:3(長方形)または1:1(正方形)から選び、絞りをF2.8あるいはF8.0から選択してシャッターを切るだけというシンプルな操作となっている。

サイズは、L92×W56×H73mmで重さは約100g。イメージセンサー画素数は約800万画素。電源はDC3V(単4型乾電池×2本、別売り)、カラー展開は、ホワイト / ピンク / ミックス / ブラックの4色。ちなみに、従来のホルガ純正交換用レンズやフラッシュは、同機でもそのまま利用することのことだ。

なお、「Holga」は、1982年に香港で誕生した、レトロな作りと味のある描写が人気のトイカメラ。単純な凹凸レンズの組み合わせで生産されている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品