SMAP解散直前、メンバーの異変…楽屋で沈黙、「メリー副社長タブー」を公然と暴露

2016年1月13日 21時09分 (2016年1月15日 06時00分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

 国民的アイドルグループ・SMAPが分裂・解散か――。

 1月13日付の日刊スポーツとスポーツニッポンが、「木村拓哉だけがジャニーズ事務所に残り、中居正広稲垣吾郎草なぎ剛(編注:「なぎ」は正式名は漢字)、香取慎吾は独立する」と報じたことが、大きな波紋と臆測を呼んでいる。

 これは、SMAPの“育ての親”ともいえる飯島三智マネジャーの退社に伴い、同氏に恩義を感じていたメンバー4人もジャニーズ事務所と決別するという事情が背景といわれており、同事務所からは「SMAPの一部メンバーの独立問題と担当マネジャーの取締役辞任等に関する報道」について、「たしかに、この件について協議・交渉がなされている事実は存しますが、そのような状況下であるため、詳細についてのお問い合わせにはお答えできません」というコメントが発表されている(2016年1月13日14時現在)。

 解散が決定したわけではないが、突然の一報に日本中が騒然となっているといっても過言ではないだろう。ただし、テレビ局関係者は「最近、メンバーにある異変が見られた」と語る。

「1月9日放送の『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!プロ野球・大相撲 大ぶっちゃけ祭り!』(TBS系)に出演した香取から、真顔で『不仲発言』が飛び出したのです。

 同番組で、香取は中日ドラゴンズの平田良介選手から『チームメイトと仲良くする秘訣は?』という質問を受けました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)