朝焼けの空に現れた“神の手”、気象ブロガー公開の写真に大反響。

2016年1月29日 19時21分 (2016年1月30日 23時50分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加
ポルトガルに住む気象ブロガーのパチェコさんは、先日、朝早く通勤に向かう途中に信じられない光景に出くわした。目の前の空に浮かぶのは、「火の玉か、あるいは神の手のような」雲。

その他の大きな画像はこちら



「その光景を見た途端に、私はカメラを手に取り、すぐ写真を撮り始めていました」

そう語るパチェコさん。大気中の空気の2つの異なる層が、異なる速度で移動している雲の中に見られる状態とのことだが、畏敬の念を覚えたのは彼だけではなく、周りの人たちも空と雲に見とれていたという。

パチェコさんがこの写真をブログに投稿すると大きな反響があり、「神の手だ」「ファイナルファンタジーに出てきそうだね」といった感想が書き込まれた。英デイリー・メール紙やザ・サン紙なども続いて報道。

ネットでは「神の手か…殴られそうだ」「母なる自然はいつも信じられない光景を見せてくれる」「怒ってるのだろうなぁ、人間に」「こういう写真をいつか撮りたいなぁ」といったコメントが寄せられている。


元記事はこちら:http://www.narinari.com/Nd/20160135873.html

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

注目の商品

このニュースへのコメント(フレンズちゃんねる)