0

ギネス記録652セーブの守護神、マリアノ・リベラの自伝が神がかっている

2016年2月15日 06時30分 (2016年2月15日 11時59分 更新)
このエントリーをはてなブックマークに追加

『クローザー マリアノ・リベラ自伝』(マリアノ・リベラ:著、金原瑞人・樋渡正人:訳、/作品社)

[拡大写真]

 まるで映画かファンタジーの世界である。2013年シーズンをもって43歳で引退したメジャーリーガーの投手マリアノ・リベラは、パナマの小さな村で漁師として働くやせっぽっちの青年だった。そんな彼がヤンキースのレジェンドとなったのだ。その物語は想像を超える。
 子どもの頃は、海辺で朽ちた棒きれをバット代わりに、石に網か粘着テープを巻き付けた物をボール代わりに、そして段ボールか牛乳パックで全ポジションのグラブを作っては、野球ごっこを楽しんだという。将来は修理工になることを考えていたが、ひとまずは父について漁師として働くように。海では2度命を落としかけたこともあった。野球は素人同然で、投手ではなかったという。

【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ

 ヤンキース入団のきっかけは、パナマで行われたトライアウトだ。ただし、地元の若者らが紹介料ほしさに片っ端から野球をする青年をスカウトに紹介していて、リベラもそのうちの1人だっただけ。まずは野手としてトライアウトを受けるも不合格。今度は投手でと勧められるがままに、2度目のトライアウトに挑戦した。石ころの球で天性の制球力をのぞかせていたリベラは、投手として(ほとんど経験もないのに)見事合格。ヤンキースのマイナー組織からキャリアをスタートさせ、5年後にメジャーに昇格した。

 そしてリベラは、ギネス記録でもある前人未踏のMLB記録652セーブを達成。パナマの貧しい家庭で懸命に働く青年は、名門ヤンキースの絶対的クローザーに華麗な転身を遂げた。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品