0

不満の多い1000円カットで思い通りの髪型にしてもらう方法

2016年2月17日 15時00分 (2016年3月14日 06時03分 更新)

駅ナカ、駅前などでよく見かける1000円カット。激安なだけに質には期待できないと思いがちだが、実はオーダー次第で…

[拡大写真]

10分1000円という安さと早さが魅力の1000円カット。

だが、実際に行ってみたら「左右の髪の長さがバラバラ!」、「人生最悪の髪型にされた」など仕上がりに不満を持つ人も多数いる。ネットの店舗レビューのみならず、友人や同僚などから不満を聞いたことがある人もいるだろう。

しかし、1000円カットの美容師側としては「もっとちゃんと指示してくれればうまく切れるのに…」と歯がゆく思っている節(ふし)もあるよう。要は、オーダーの仕方ひとつで思い通りの髪型に仕上げることができるというのだ。

そこで1000円カットで働く、現役美容師Uさんにポイントごとの話を聞いた。

■3つのNG行為が、思い通りのスタイルを遠ざける!

NG1 スタイリング剤をつけたまま行く


「1000円カットは、髪を切る前にシャンプーで髪を洗いません。ワックスなどスタイリング剤がついた髪の毛にはクシが引っかかってしまい、しっかり長さを見ることができないため左右の長さが違うなど仕上がりに影響します」

NG2 寝ぐせをそのままにして行く


「霧吹きで髪を濡らしただけでは、寝ぐせは直りません。その状態でカットをすれば、寝ぐせの場所と別の場所の長さが変わってしまいますね」

NG3 帽子を被って行く


「帽子を被ると跡がつきます。その跡は寝ぐせ同様に髪を濡らしただけでは直りません。希望される仕上がりの長さに影響しますし、帽子の被り方によって跡の高さが違えば、左右の長さが違うことにもなります」

1000円カットは仕事終わりや営業の合間に寄る、休日に寝起きのまま行くから帽子で寝ぐせを隠す……なんてありがち。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品