0

土屋太鳳、アルペンスキー初挑戦のメイキング映像公開! 真摯な姿勢に絶賛も

2016年3月14日 17時30分 (2016年3月15日 05時00分 更新)
女優・土屋太鳳がアルペンスキーに初挑戦しているWOWOW連続ドラマ『カッコウの卵は誰のもの』(3月27日スタート/毎週日曜22:00~)のメイキング映像が14日、公開された。

本作は、"スポーツ遺伝子"を持ち、トップスキーヤーを目指すヒロイン・緋田風美(土屋)の出生の秘密をめぐり、さまざまな人間の思惑が絡み合う医科学系ヒューマンサスペンス。土屋のほか、"スポーツ遺伝子"の秘密をにぎる風美の父親・宏昌役の伊原剛志らも出演する。

例年より降雪量が少なく進行に難を極め、3月中旬のクランクアップまで雪山での撮影は約1カ月以上に及んだ。スキー検定2級を取得している土屋だが、普通のスキーと本作でのアルペンスキーでは使う筋肉が違うことを体感。撮影の合間はトレーニングに励み、万全の状態で臨んだ。

風美がアスリートとして抱える責任の大きさを、「(2015年の連続テレビ小説)『まれ』の主演が決まった時と似ている」と話す土屋。演出面について、メガホンを取る耶雲哉治監督は「ドラマに必要なのは『風美』という一人の人間全体のキャラクター造形であって、スキーはあくまでその中の一つの要素です」と断言し、「スキーシーンにおいても『スキー指導』をするのではなく、『風美という人間の演出』になるよう」心がけたという。

一方で、「演じる役者さんが実際にスキーができるかどうかで『風美』の表現の幅が大きく変わってくるのも事実」と説明。人間としての感情表現と、アスリート的なスキーも両方できる女優はなかなかいないとした上で、「土屋さん以外にはこの『風美』は考えられなかった」と絶賛する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品