0

たこ焼き店なのにワインリスト!? 四条大宮の鉄板焼き屋がハイレベルすぎる【鉄板28号】

2016年6月14日 19時00分 (2016年6月24日 10時18分 更新)

はじめまして。メシ通レポーターのナガオヨウコです。 このたび、ひょんなことからレポーターに抜擢いただきまして。

これから、京都のびっくりするほど美味しいもんから、「何でこういうことになったんや」っていう不思議なもんまで、めいいっぱいご紹介していきたいと思います。 どうか、生ぬるい目で見守っていただけると幸いです。

わたくし第一回目のレポは、ワインが飲める、屋台風のたこ焼き店です。 場所は、京都市・四条大宮の交差点から徒歩2分。 四条大宮は目立った商業施設がなく、わざわざ訪ねるようなエリアではありません。ですが、阪急電車や嵐電、市バスの乗り継ぎとして利用している人が多く、下町らしいお店が集まっています。

NGワードは「おまかせ」と「おすすめは何ですか」

四条大宮の交差点から、大宮通りを北方向へ。 大宮通沿いの東側に、ビニールカーテンに覆われたお店があります。

その名も「鉄板28号」。

平成元年に創業した、たこ焼きと鉄板焼きとワインのお店。 昭和からのお店ではないですが、昭和のたこ焼き店の雰囲気そのものです。

ビニールカーテンを開けるとこんな感じ。 カウンター席のみで10席。

鉄板がありますが、 「ウチは鉄板もあるけど、基本はたこ焼き店や」 と、ご主人の杉原安紀さん。

「あの、初めてなので、お店のおすすめなどはありますか?」 とお聞きしたら……、

「『おまかせ』は、ありません、『おすすめ』は、全部です」

と。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品