0

【虐殺器官】中村悠一&櫻井孝宏、口を揃えて“難しい役だった”と語る舞台裏【撮り下ろしインタビュー】

2017年1月12日 18時00分 (2017年1月16日 13時12分 更新)
『東京国際映画祭』が送るスペシャルなアニメイベント『TIFF アニ!!』にて、アニメーション映画『虐殺器官』の特別上映と公開日の発表、そして、キャストトークが行われました。
【撮り下ろし写真をもっと見る】インタビューは時おり笑いも起きる、和やかな雰囲気で行われました!
■天才が残した作品がついにアニメ化
本作は、夭逝したSF作家、伊藤計劃氏の小説をアニメ化した作品であり、氏の作品を劇場映画化する企画『Project Itoh』3部作の第1作目となる"ハズ"だった作品です。
製作会社の倒産、そして、公開延期という苦難を乗り越え、新たなに編成された制作スタジオ「ジェノスタジオ」のもとで、劇場公開に向けて鋭意制作が進められています。
この日のイベントでは、本作にまつわる情報がまとめられたプロモーション映像を挟んで、映画の冒頭シーンが15分間に渡って初公開されました。
会場に集まったアニメファンが固唾を飲んで見守る中、スクリーンに映し出された映像では、本作の主人公である「クラヴィス・シェパード」が敵地へと潜入する緊迫感のあるシーンがハイクオリティな映像のもとに展開されます。
序盤からショッキングなシーンを織り交ぜながらも、映像の最後には、物語の鍵を握る重要人物である「ジョン・ポール」について、その存在が暗示される……という強烈な"引き"を残し、映像は終了。15分という短い時間ではありましたが、作品全体のムードを観る者に印象付けてくれる導入部だと感じました。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品