0

3月9日はミクの日!ボカロが好きなのはやっぱり若い世代

2017年3月9日 11時00分 (2017年3月11日 11時19分 更新)
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

「3月9日といえば?」と聞かれると、レミオロメンの名曲を思い出す人もいれば、あるキャラクターを思い出す人もいるのでは。

39=ミク。人気ボーカロイドである初音ミクの日なのだ。

省庁とコラボするほどの有名人になった初音ミク。そんな「ボーカロイド(ボカロ)が好き!」な人はどれくらいいるのだろうか。

■ボカロ好きはやっぱり若い世代しらべぇ編集部が全国20代~60代の男女1,363名を対象に「ボカロは好きか」どうか調査したところ、全体の12.8%は「好き!」と回答。

性年代別でみてみると、やはり世代間の差が大きい。

もっとも「好き」な人が多いのは、20代女性。続いて多いのが30代男性だ。反対に、60代は男女ともに1割を切っている。

爆発的な人気になった2010年前後も、ファンの中心は若い世代がほとんど。認知は上がっているが、いまだに「ボカロ?」な人も上の世代には多いのかも。

また、「ボカロ=ちょっとオタクな人が好きそう」イメージがあるのも事実。実際、自分はオタクだと思っている人のほうが「ボカロ好き」が多い結果になっている。

■農林水産省とコラボも!初音ミクは、過去にも多数の企業や北海道札幌市、経済産業省などとコラボを実施してきた。

とくに話題になったのは、2011年にGoogle ChromeのCMに登場したときだろう。

ボカロをあまり知らない人でも、その時に使われた曲『Tell Your World』は聞いたことがある! なんて人も多いのでは。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品