1

フリーランスで食べていくために必要な3つのポイント

2017年4月9日 23時15分 (2017年4月19日 18時22分 更新)
大事なのは自分が仕事をすることで顧客側にメリットを与えられるかが大事だ。「どんなふうに変化していけるか。どんな成果が得られるか」なのだ。(3)メニュー

例えば、相談にのるならば、スカイプや対面など。コンテンツを売るならば、テキストやDVD、音声などがある。そして内容を練り込み、相手が「ほしい」と思わず手がのびそうなタイトルをメニューに付けるのだ。また、認知度を上げる工夫も必要。セルフメディアのほか、交友関係を広げることも大事。

これら3つのポイントを実践しながら、自分の得意分野をオリジナル化し、尖らせていくことで、選ばれるフリーランスとなっていけるのだ。

また、時間が自由に使えるといったフリーランスで働くメリットはあるが、デメリットがあることも忘れてはいけない。
病気のとき、代わりがいない。定額の給与が毎月入る保証はなく、ローンも組みづらくなる。こういったことも考慮に入れてフリーランスという働き方を理解し、覚悟することも必要だ。

育児だけでなく、これからの時代、介護という理由で会社務めが厳しくなる人も増えるかもしれない。定年退職後も好きな仕事を続けたい人もいるだろう。そんなとき、フリーランスという働き方も1つの選択肢に考えてみてはどうだろう。

(新刊JP編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 前田めぐる 通報

    感激です。掲載していただきありがとうございます!

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品