0

【シゴトを知ろう】ソムリエ 編

2017年5月18日 12時02分 (2017年5月25日 11時08分 更新)

ブドウをかたどったソムリエバッジが襟元に輝く

[拡大写真]

レストランで料理や好みに合うワインについて的確なアドバイスをしてくれるのがソムリエ。漫画やドラマの題材になることもあり、実際にはどのような仕事をしているのか興味を持っている人が多いのではないでしょうか。
今回は、イタリアンワインのソムリエコンクールで準優勝の経験を持つソムリエの澁谷健吾(しぶたにけんご)さんに、お仕事内容やソムリエになったきっかけなどについてお話を伺いました。

■ワインが好きだからソムリエに。限りなく趣味に近い仕事

Q1. 仕事概要と一日のスケジュールを教えてください

大阪にあるイタリアンレストラン「ヴィネリア・リンコントロ」で、接客やワインを選ばれるお客さまにアドバイスをしたり、ワインを提供したりしています。日によっては、インポーター(輸入業者)が主催している試飲会に足を運び、仕入れるワインの選定をすることもあります。

<一日のスケジュール>
15:00 出勤、開店準備
17:00 開店
    接客業務、タイミングを見て休憩やまかないなど
26:00 閉店、帰宅

Q2. 仕事の楽しさ・やりがいは何ですか?

多くのソムリエがそうだと思うのですが、ワインが好きで限りなく趣味に近い仕事なので楽しいですね。お店に置くワインの品ぞろえにはソムリエの好みも反映されますから、選んだワインをお客さまにおいしいと言ってもらえることに大きな喜びを感じます。ワインや料理に興味がある人には充実感のある仕事だと思いますよ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品