0

老後難民予備軍は会社員の4割!どうなる老後

2017年5月19日 22時35分 (2017年5月21日 22時40分 更新)

■サラリーマンの老後に対する考え方は?
フィデリティ投信が昨年実施した「サラリーマン1万人アンケート 2016」で非常に興味深い結果が出ていました。

このアンケートは2010年から毎年実施されているもので、今回も老後の生活や退職金の準備状況などに関する調査で、1万2,389人の主に会社員や公務員を対象に実施されました。

アンケート実施時期が昨年の2月だったので、世界経済は原油安や中国やブラジルなどの新興国経済不安などで、大きく揺さぶられ株価や為替も冷え込んでいました。

一方で、NISA人口も1,000万人を超えた頃で、国内では雇用状況の改善などから、会社員の平均所得も上昇していました。しかし依然として、老後に不安を感じているという回答が多く見られました。

主な質問項目をピックアップして、上位回答を要約すると次のとおりです(いずれも回答は全体平均のもの。カッコ内はアンケートが開始された2010年の調査結果)。

■退職後の生活のイメージは?
・1位 のんびり・マイペースな生活 44.2%(51.7%) ・2位 ほそぼそ・質素な生活 17.5%(19.3%) ・3位 明るく・楽しい生活 11.8%(12.6%)2010年の調査と比べて、「のんびり・マイペースな生活」の数値が7.5ポイント減少しています。年齢別でみると、特に20代男性は(55.5%→44.8%)と30代男性では(53.8%→43.5%)で減少幅が大きく、その分、20代では「ほそぼそ・質素な生活」が増加(12.4%→13.6%)していて、若い世代が将来を楽観視していないことがうかがえます。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品