0

朝酒できる店こそ飲兵衛の聖地!土日は10時から飲める老舗の激安酒場

2017年5月19日 17時00分 (2017年5月23日 10時18分 更新)

創業60年を超える阪神野田の大衆酒場「お多福」

近頃は、バル形式をはじめ小洒落たお店も色々出来、大阪でも朝酒・昼酒がしやすくなったのではないかと思いきや、いざ、「昼酒するぞーっ」と店を探してみると、案外と目新しい情報って飛び込んでこないんだよなぁ・・・いや、正確にいうと、目には飛び込んでいるのかもしれないけど、やっぱり、C級呑兵衛としては、お洒落はいらないし、奇をてらわず落ち着いて静かに飲める店がいい。

今回は阪神野田にやってきた。
阪神野田って書いた段階で、「あっ、あの店ね」となるくらい有名なお店なんだけど、昼酒客を温かく迎えてくれるザ・大衆酒場を紹介しないわけにはいかない。

阪神野田駅の南側、交差点の向こうに「新橋筋商店街」の入口が見える。アーケード商店街なんだけど、いつも活気があるんだよね。ここを入って最初の四辻にくると、右手に見えてくる。

「お多福」だ。

年季入りまくりの構え、もう営業を始めて60年は超えている老舗の大衆酒場だ。
昼酒とかいいながら、15時くらいからオープンする店もあるけど、いやいや、昼酒いうたら正午には開店しとかんと(笑)
「お多福」は平日でも正午開店、土日に至っては朝10時から営業開始という、もう酒飲みの聖地ですな。

中に入ると、厨房を囲む形でコの字のカウンター。どうだろう、15人入れば満員御礼のキャパかな。下段は鶯色のレンガ調タイル、上段は木板張りの壁。店内奥には、一升瓶とともに招き猫をはじめ縁起物が棚に並ぶ。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品