0

大人だってライブハウスは楽しい 第50回<40歳からのハローギター>

2017年5月20日 09時00分 (2017年5月22日 14時05分 更新)

音楽が好きなことには変わりなくても、年をとるとライブハウスから足が遠のくという人は多い。そもそも、ホールでのコンサートには行ってもライブハウスには行ったことがないという人も意外に多い。それはそれで分からないでもない。実際、複数のミュージシャンが出るタイプのライブに行って、そこにアイドル系のグループが出演していたりすると、比較的ライブハウスに慣れているはずの私でも、ちょっと引いてしまう。

そりゃ、昔から単に暴れたいだけでライブハウスに行くという人はいた。デカイ音をバックに身体を動かしたり、跳んだり、他の人にぶつかったり、ぐいぐいと前方に押していったりするのが気持ち良いというのも分かる。さすがに、モッシュやダイブが今のように一般的にはなっていなかったものの、ロックのライブというのは多かれ少なかれ、そういう状況になるものではあるのだ、若い頃は。

まあ、アイドル系のライブを観ると、意外なほどの大人がモッシュの渦の中に突撃したりしているし、一方で、先日のダムドの横浜公演では若い兄ちゃんが、暴れたいけれど渦の中に入るのは怖いらしく、後ろへ後ろへジャンプしては私の足を踏んでいたので、人それぞれというか、まあ年齢だけの問題ではないのだけど、しかし、演者も50歳オーバー、見ているのも40代以上、みたいなライブの場合、それはそれは大人しいものだ。ライブハウスは通常、整理番号順に入っていく。その際、若い人たちはステージ前中央から順に場所が埋まっていくのだけど、大人のライブは違う。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品