0

堤下敦、日頃から周囲に「死にたい」と自殺願望を口に…数年前より睡眠薬常用

2017年6月16日 20時24分 (2017年6月19日 19時10分 更新)
でも、今考えてみれば、その頃から徐々にテレビではあまり見かけなくなっていましたね。ウチの店にも徐々に来なくなったので、心配していたのです」

 堤下は、2011年3月に1歳年上のバレエ講師と結婚、翌年1月には長女が誕生した。子どもの養育費や将来なども考えると、『はねる』終了以降、仕事が激減したことは、本人にとって大きな不安につながったとしてもおかしくない。知人男性は語る。

「堤下さんは、いいかげんなことはしない真面目なタイプなので、娘さんを溺愛していますし、良き夫、良きパパだと思います。それでも、利害関係のない私たちと飲んでいる時などは、酒の席で『死にたい』と自殺願望をこぼすこともあって、ドキッとさせられることはたびたびありました。今回の睡眠薬騒動のニュースを見た時、まず最初に“自殺未遂”が頭をよぎりました。本心は本人にしかわかりませんが、会見で話していたように『こんなに早く効くとは思わなかった』という本人の言葉を信じたいです」

 堤下がかなり以前から睡眠薬を常用していたことは確かなようだが、堤下としては、望ましくないかたちで久方ぶりに世間の注目を集めた格好になったといえよう。
(文=編集部)

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品