0

シンギュラリティ到来でエネルギー価格はゼロになる<シンギュラリティ・ビジネス>

2017年6月20日 09時00分 (2017年6月22日 11時05分 更新)

 アメリカの著名な起業家、ピーター・ディアマンディスは、テクノロジーの進化は、「エクスポネンシャルの6D」という道筋をたどると述べています。このようなテクノロジーの進化は、人類の未来に、具体的にどのような恩恵をもたらすのでしょうか。
 News Picks編集長・佐々木紀彦さんも「AI入門の決定版だ」とお薦めの『シンギュラリティ・ビジネス――AI時代に勝ち残る企業と人の条件』著者の齋藤和紀さんが、解説します。

 * * *

■■飛躍的な向上を遂げているソーラーパネルの発電効率

 テクノロジーがエクスポネンシャルに進化すれば、人類の抱えるさまざまな大問題が解決すると予測されています。

 その一例として、まずはエネルギー問題について考えてみましょう。人類の文明を成り立たせる上では、これが最重要課題といっても過言ではありません。この問題を根本的に解決する道は、ただひとつ。太陽エネルギーの全面的な活用以外にありません。

 そもそも地球上のエネルギーは、すべて太陽が源泉です。かつてエネルギーの主力だった石炭も、現在の主力である石油も、太陽から地球に降りそそいだエネルギーが形を変えたものにすぎません。風力発電や水力発電などのいわゆる「再生可能エネルギー」もそうです。

 これまでは、それらの形を変えた太陽エネルギーを利用していたので、その量には限界がありました。しかし太陽エネルギー自体は、ほぼ無限に存在します。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品