0

Suicaペンギンが手を振っている? いきなり人気の「車両型ラバーパスケース」開発秘話

2017年6月20日 06時00分 (2017年6月27日 15時02分 更新)

注目を集めているケンエレファントの「車両型パスケース」

[拡大写真]

日常生活で利用している人も多いであろうパスケース。そんな中、株式会社ケンエレファントの「車両型パスケース」が注目を集めている。

車両を模したリアルな作りや、パスケースからSuicaのペンギンがのぞくカワイいデザインが受け、鉄道ファンはもちろん、若い女性にも人気を博している。SNSが発端となって話題になったが、なんと発売は2年前だとか。

一体なぜ今、そこまで火が着いたのか! この疑問を解決すべく、パスケースの制作を担当したホビー&ライセンス事業部、営業課の池ヶ谷聡史さんと制作課の伊藤裕さんに話を伺った。

* * *

―今、御社のパスケースが話題になっていると伺ったのですが。

池ヶ谷 今年4月半ばのある日、ツイッターで話題になったようなのですが、その2、3日後から問い合わせがものすごく増えて、それまで十分にあった在庫もなくなり、通販サイトでは欠品が続いていました。

―まずツイッターで火が着いたんですね!

池ヶ谷 今は再生産も完了し、ご購入していただきやすい状態になっていると思います。今回、ツイッターで話題になった車両がベージュベースに赤でラインの入った国鉄特急色のクハ489-1だったからか、この商品のお問い合わせが多かったですね。

ちなみに、今までは「寝台特急北斗星」が人気だったと思います。今になってこんなに話題になるとは思いませんでした。













―思わぬところで、と。発売開始が2年前とのことですが、開発のきっかけは?

池ヶ谷 元々、ヘッドマークラバーコースターや食器など鉄道グッズを作っていました。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品