0

自宅で山を楽しむ?自然のオブジェ『OYAMA』の魅力

2017年8月11日 09時00分 (2017年8月11日 09時09分 更新)
「ボタニカル」=「植物」の力でキレイと元気を磨くをコンセプトにお届けしている、TOKYO FMの番組「NOEVIR BOTANICAL LIFE」 http://www.tfm.co.jp/link.php?id=6497。

「山の日」である8月11日の放送では、お部屋の中やベランダに吊るして身近に「山」の生命力を感じることのできる、植物のアレンジメント『OYAMA』を紹介しました。



四季折々の山の世界を吊るして慈しむ『OYAMA』
フラワーアート&アレンジメントショップ「TSUBAKI」が手がける、『OYAMA』。その名の通り「山」を表現し、“四季折々の山の世界を吊るして慈しむ”植物のアレンジメントです。多く使われる植物は、モミジ、ムシカリ、ナナカマドなどの木や、ユキノシタ、イワヒバ、シダなどの草。日本の山々で普段見られるものばかりです。陽を好むものや日陰向きのもの、植物には様々な個性がありますが、『OYAMA』では、同じ環境下で育ちやすい植物ばかりを集めており、しかも、盆栽や小さな鉢植えと違い、土の量がとても多いので、水やりさえ忘れなければ、簡単に育てることができます。



そして、一番の特徴は、吊るして楽しむという形状。“土を吊るす”ことにこだわったのは、坂道や崖、岩場など、様々な土の状態の中で力強く生き抜く植物を、そのまま形にしたいと思ったから。『OYAMA』は、自然界の生命力をそのまま表現したいという思いで作られています。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品