0

暑い!なぜエアコンが効かないの!?原因と対策は

2017年8月12日 12時05分 (2017年8月13日 20時40分 更新)
暑い夏の日が続いています。いくら設定温度を下げてもエアコンが効かない、涼しくならないと感じている家も多いのではないでしょうか。そんな時は効かない3つの原因をチェック! 上手に対策してエコに涼しく過ごしましょう。

■エアコンが効かないと感じたら、まずは本体と室外機を確認しよう

▼〈チェック-その1〉エアコンの効きが悪い原因の1つめは、本体の問題によるものです。まずはフィルターの汚れを点検しましょう。少しくらいの汚れならとあなどるのはNGです。フィルターの汚れは、エアコンを効きにくくするだけでなく、電気代がかさむ原因にもなりますのでシッカリ掃除をしておきましょう。

フィルターの自動掃除機能がついているタイプもお手入れは必要です。取扱説明書に沿って忘れずにお手入れをしておきましょう。掃除をしていないフィルターには、カビが繁殖していることがあります。そうなれば、エアコンの風にのって、カビの菌が家中にまき散らされることになり、健康にもよくありません。1シーズン使用したエアコンは、フィルターだけでなく、内部まで汚れていることもありますので、シーズン後にはクリーニングをしましょう。クリーニングをしたら、室外機から出る水がキレイになったという声もあります。ただし自分でやると故障の原因になることがあるので、専門の業者さんに依頼することをお勧めします。

エアコンが効かないと思ったら、実は本体の故障で冷風が出ていないケースもあります。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品