1

カレーライスに入れる肉は「牛」vs「豚」どっち?地域で逆転も

2017年8月12日 08時00分 (2017年8月14日 13時49分 更新)
(iplan/a.collectionRF/Thinkstock)

夏になると、なぜか食べたくなるカレーライス。

今月8日より松屋が発売を開始した「粗挽き肉と茄子の麻婆カレー定食」など、変わり種も発売されているが、オーソドックスなカレーなら、ビーフカレーとポークカレーで好みが分かれるだろう。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,342名を対象に、調査を実施した。

■「牛肉」vs「豚肉」カレーに入れるならどっち?
©sirabee.com

調査の結果、牛肉が60.7%と半数を超え、ビーフカレーを好む人が多いことが判明した。

しかし、地域ごとに調査すると、北海道、東北、北関東は豚肉が多数派になっている。

また、近畿、中国、四国では、牛肉派が7割以上。東と西とで地域によってかなり特色が現れているようだ。

©sirabee.com

■西の牛肉vs東の豚肉 なぜ東西で分かれるのかには諸説あるが、関西以南では農耕用に牛を飼っていたことから、明治以降の文明開化で食用に転用したとされる。

また、関西では近江牛、松阪牛、神戸牛などのブランド牛が多くあり、豚より牛が好まれる傾向がある。

しらべぇ編集部の関西出身20代男性に話を聞くと、実家では牛肉が入ったカレーが出されていたそう。味にコクがある気がするため、都内在住となった今でも牛肉を選ぶそうだ。

一方、関東以北での農耕用には馬が飼われていたが、食用としては生産量が少ないため、それほど広まらず、代わりに養豚が盛んになったのだそう。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    チキンだな

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品