0

リモコンだけで簡単にできる!エアコンの節電術

2017年8月13日 18時15分 (2017年8月14日 21時42分 更新)
暑い日が続くとどうしても一日中エアコンに頼ってしまいます。しかも夏休みで子ども達も家に居る時間が長くなると、省エネタイプのエアコンであっても、やはり電気代が気になりますよね。暑さを我慢して熱中症になるのは本末転倒ですが、できるだけ節電して家計の負担を減らしたいものです。そこで、エアコンのリモコンひとつでさらに節電できる方法をまとめてみました。それでは、エアコンのスイッチをONしてからできることを順にご紹介します。

■エアコンを使う前に、窓を開けて床・壁・天井の熱を冷ます
外出から帰った時や朝起きて居間に入る時など、暑くなった部屋に入ると誰でも一刻も早くエアコンのスイッチをONしたくなります。でも待って! スイッチをONする前に、まずは部屋の窓を開けて換気をしましょう。特に日中留守にしていると、部屋が温室のようなり、床・壁・天井など躯体自体があたたかくなっているのです。エアコンの効きをよくするためにも、外気を入れてクールダウンすることが重要です。着替えたり汗を流している数分の間でOK。室内の空気が入れ換わってから、リモコンでスイッチON! しましょう。

■Step1:まずは「自動」モードで運転
スイッチONをする時、リモコンのモードは「自動」が基本。暑いからと言って、いきなり「強風」にするのは間違い。というのも、エアコン内部の冷却機がしっかり冷えて、冷たい空気を送り出せるようになるまでは、エアコン側もそれなりに準備が必要だから! 準備が整わない内にいくら強風にしても、生あたたかい風しか送り出せないのです。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品