0

平井 大、極上のサーフミュージックで観客を魅了

2017年8月22日 18時00分 (2017年8月24日 11時58分 更新)
“ライブ音楽とビールが生み出すゆたかなひととき”をテーマに、あなたのすぐそばで素敵なアーティストたちが生ライブで生きた音楽を届けるTOKYO FMの番組「KIRIN BEER“Good Luck”LIVE」。
8月19日(土)の放送には、シンガーソングライターの平井 大さんが登場! 夏にぴったりのサーフサウンドでライブ会場、そして番組を盛り上げてくれました。



アコースティックギターやウクレレなどを使った温もりあるサウンドに、耳に残る優しい歌声と歌詞を乗せた彼のスタイルは、海や夏を想起させる“サーフミュージック”として多くの若者たちから支持を集めています。

この日のステージはヴィンテージの布や革アイテム、ラグなどで装飾され、レトロでアメリカンな雰囲気に様変わり。それは、空間作りにもこだわりをみせる平井さんならでは。
つば広のハットにTシャツとラフな出で立ちでステージに登場すると、「大~!」と黄色い歓声が飛びます。

そんななか、ライブは「Slow & Easy」でスタート。平井さんはアコースティックギターを奏で、ゆったりとしたミドルテンポのキャッチーなメロディーラインで観客の体を揺らします。

次に演奏したのは、7月5日にリリースしたニューアルバム『ON THE ROAD』から「Life Song」。
アルバムタイトルについて、「人生ってすごく壮大なものですが、日常から生まれてくるものがすごく多くて、いろんな愛の形があって、その愛に支えられていると思うんです。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品