1

親の年収と子の小遣い額は比例しない!?

2017年9月13日 20時30分 (2017年9月14日 21時12分 更新)

■世帯年収と子供の小遣い
世帯年収が高いほど子供のお小遣いが増えるのでは? そう予想する人も少なくないのではないでしょうか。本当にそうなのでしょうか。まずはデータを見てみましょう。

子供の1ヵ月あたり小遣い額(2016年)
(金融広報中央委員会「家計の金融資産に関する世論調査」)

<小学生の小遣い>
・・・・・・・・・・・・・1,2年生・・・・・3,4年生・・・・・5,6年生
全体         1,206円   777円   1,272円
(年収)
300万円未満     325円   608円   1,207円
~500万円未満    525円   713円   1,128円
~750万円未満   2,342円  1,079円   1,476円
~1,000万円未満   250円   450円   844円
~1,200万円未満   675円   833円  1,467円
1,200万円以上  (データなし)  567円    900円

<中高生の小遣い>
・・・・・・・・・・・・・・中学生・・・・・高校生
全体         2,453円   5,578円
(年収)
300万円未満    2,100円   4,813円 
~500万円未満   2,084円   5,785円 
~750万円未満   2,731円   5,436円
~1,000万円未満  2,853円   5,969円
~1,200万円未満  2,769円   5,800円
1,200万円以上    2,133円   5,100円

■年収と子供の小遣いは比例しない!?
年収が高くなるほど、子供の小遣いが上がる、という事実はなさそうです。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    小遣いとは別の必要経費の幅が年収高いと広いんだよ。わざわざ自分の小遣い使わなくていいのが金持ちの子供

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品