1

お金が逃げる! 「超貧乏体質」の特徴と行動パターン

2017年9月13日 23時05分 (2017年9月15日 11時42分 更新)
■自己評価の低さと否定的思考が「超貧乏体質」を招く!
貧乏体質の3大原則は、「罪悪感」「争うこと」「我慢をすること」――。この3つに加え、さらに輪をかけた貧乏体質の持ち主がいるのだといいます。それが、「超貧乏体質」。いったい何が違うのでしょうか。心理カウンセラーの石原加受子さんにレクチャーしていただきました。

「超貧乏体質に共通しているのは、自己評価が低く、否定的な思考をしがちなこと。罪悪感の強さと自己評価の低さが混ざり合って『私は幸せになってはいけない。どうせ幸せになれない』と考えてしまうのです」

例えば、衝動買いがやめられず、借金を重ねてしまう人もこれに当たります。

「店の人からちやほやされることで、『認められた』『愛された』と錯覚してしまうのです。しかし、寂しさや不安が解消されるのもつかの間。その後は、『私って何て意志が弱いのだろう』と自分の愚かさを責めて自己嫌悪。自己評価はますます下がり、無意識に『私は幸せになる資格がない、お金持ちになる資格がない』と思い込んで自分を愛することができなくなってしまいます」

人から親切にしてもらうと「ありがとう」よりも「すみません」が先に出る人も、超貧乏体質の要素アリ。

「人から恩を受けたり、お金を借りた時に、それに見合うものを返せる能力がないと自分を低く見積もっているため、つい『すみません』と言ってしまうのです。卑屈な気持ちの表れともいえるでしょう。お金からも、自分からも目を逸らしているからチャンスもめぐってこないのです」

さらに、貸したお金を「返して」と言えない人も危険信号です。

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    ん~、確かにあまり卑屈になる必要はないが、成り上がりの中国人語録みたいな5か条はトラブルや犯罪を誘発しそう。この心理カウンセラーさんは、さぞかしお金持ち?

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品