0

「人の一生は12歳までに決まる」という残酷な現実

2017年9月29日 18時00分 (2017年10月7日 20時42分 更新)

我が子には高学歴、高収入の道を歩んでほしい。それが結局は子どものため。

親は子にこの種の期待を抱きがちだ。特に自分が勉強で苦労した経験があったり、収入面で不自由していたりすると、この傾向は強く出る。

そんな人が、子どもに自分と同じ道を歩ませたくないと思っているなら、残された時間は多くないかもしれない。

■子どもの一生は12歳までに決まる

生き方は人それぞれ。だが、人間には身につけておかないと一生を棒に振ってしまうような、本当に大事なこともある。

「勉強する習慣」や「物事を自分で考える習慣」、「何かに取り組む習慣」などがそれで、どんな生き方をするのであれ、なくてはならないもの。想像力や創造力、生き抜く力といったものは、これらの習慣によって育まれる。

脳科学心理学をベースにした子育て理論で知られる福島美智子さんは、これらの習慣は「12歳までに作られる」としている。これは、12歳になった時には、子どものその後の一生はある程度決まってしまっているということでもある。

■子どもが自発的に勉強するために、親は何をするべきか

では、わが子に「勉強する習慣」や「物事を自分で考える習慣」、「何かに取り組む習慣」をつけるには、どのような取り組みが必要なのだろうか。

たとえば「勉強する習慣」の場合。福島さんは著書『勉強が好きになり、IQも学力も生き抜く力もグングン伸びる 最強の子育て』(すばる舎刊)で、0歳から6歳の幼児期の遊びで「興味を持つ→夢中になる→自分からすすんでやる」というプロセスを多く経験させることが大切だとしている。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品