0

すぐに真似できる! お金を引き寄せる2つの習慣

2017年9月30日 17時35分 (2017年10月10日 18時22分 更新)

「お金がないから何もできない」「お金のことで将来が心配」など、お金は私たちを常に悩ませる存在。
その一方で、この世には億万長者といわれる人もいるわけで、彼らはお金に心配せず豊かな生活を送っています。

彼らはなぜお金持ちであり続けられるのでしょうか。
そのヒントが書かれているのが『百発百中』(サンマーク出版刊)。
著者の斎藤一人さんと柴村恵美子さんという当代きっての実業家2人が、本書の中でお金を引き寄せる方法を明かしています。

ここでは、2人が明かす「お金を引き寄せる人になるための習慣」を2つ、ご紹介しましょう。

■ケチくさいことは言わない

例えば、高価なものを買ったけれど、壊すのが嫌だからということで使わずにそのままとっておくという人もいるでしょう。
しかし、これはNG習慣。斎藤一人さんいわく、「ケチくさいことを言っているとケチくさいことを引き寄せる」。

お金は「もっと稼ぎたい」という意欲の高い人に集まります。
だから、高価なものが壊れてもまた買えばいい、買えるようになるくらい稼げばいいという意気込みを持っている人のほうがお金を引き寄せられるのです。

■「良い見栄」を張る

「見栄を張ることは良くない」というイメージを持っている人もいるでしょう。
ただ、斎藤一人さんは「見栄」について少し違う視点を持っています。それは自分を豊かにするための見栄は「良い見栄」であるということ。

高価なバッグを持ったり、良い靴をはいたりすると、これに似合う自分になろうと、言葉や振る舞いに意識がいきます。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品