0

【5時間→2時間】iPad Proの充電時間を半分にする裏ワザ

2017年10月5日 05時00分 (2017年10月7日 16時47分 更新)
フル充電まで6時間10分もかかってしまいました。

PowerCore+26800 PD


右ページで紹介したMac Book用ケーブルを使って充電するとやはり15Vでの充電ができました。フル充電までわずか2時間12分と、通常のモバイルバッテリーに比べて約3分の1の充電時間です。

これだけの性能ですので、野外で長時間iPadを使う場合は必携といっても過言ではありません。また話題の「Nintendo Switich」もPD対応なのでiPad以外にも使い道が多く、持っておくと便利です。


格安のケーブルでは速度が
あまり変わらないこともあります


今回検証で使用したMacBook用のケーブル(アップル製品)は、3500円と買い足すには少し高い。ということで、Amazonで購入できる格安のケーブルでも試してみましたが、結果はあまり変わりませんでした。



aceyoon
USB-C Lightning変換ケーブル
実勢価格:648円

単純にUSB-Cという端子に対応していれば良いという訳ではなく、PD対応の有無を判断する必要があります。現状ではアップル公式のケーブルを買い足すのが無難と言えるでしょう。

以上、iPad Proを高速に充電する方法でした。目に見えて速度は改善し、ストレスが大幅に減ることは間違いナシなので、ぜひ試してみてください。そして最後に一言、アップルさん、ぜひ付属ケーブルでも高速充電ができるようにしてください。お願いいたします。



注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品