0

サウジアラビアロイヤルカップ(GIII、東京芝1600メートル、7日) 藤川京子のクロスカウンター予想!

2017年10月6日 13時20分 (2017年10月7日 18時15分 更新)

 サウジアラビアロイヤルカップは、東京芝1600mの2歳戦です。まだ、初々しいですが予想は、子供の運動会のような展開が予想されます。その内何頭かは、このレースで初めて競馬を理解する馬もいるかもしれません。そんなレースでも小さなヒントを拾って予想してみると2連勝中のロードカナロア産駒のステルヴィオ。鞍上はルメール騎手。ほとんど差はないですが持ち時計も3番目の速さです。

 1600mの持ち時計で2番目に来るのは、ハクサンフエロ。前で競馬をする馬のようで、突き進むタイプのようです。新馬戦の1800mでは、最後は脚が止まってしまいましたが
前走は初めての1600mは最後まで走りきって、好タイムで勝ちました。

 そして、1番目に来るのはディープブリランテ産駒のシュバルツボンバーで、前走は後ろから余裕すら感じる走りで勝ってきました。

 逆に、まだ1戦で持ち時計も遅いですが、後ろから差して1度は先頭に出ましたが差し替えされた所で、もう一度差しかえしたエイシンフラッシュ産駒のボウルズには、魅せる競馬をしてくれましたので、要注意かもしれません。

 それと、前走の新潟2歳Sで3着だったテンクウは、新潟1600m1分34秒7の持ち時計は、過去にこのタイムより遅かった新潟2歳S組の馬が勝っているデータもあるので侮れません。

 更に、ディープインパクト産駒のダノンプレミアムは、まだ1戦ですが前走の阪神稍重1800mで1分48秒7で勝ってきました。新馬戦で稍重を考慮すれば好タイムだと思います。

 そこで、馬券は買い方ですが前で決まるか後ろからの展開での2パターンで馬券を分けて買います。

16◎ステルヴィオ
5◯ハクサンフエロ
3▲シュバルツボンバー
14△テンクウ
4△ボウルズ
2△ダノンプレミアム

ワイドBOX16、14、4
ワイドBOX2、5、3

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品