0

【プロ野球】去りゆく飯原誉士、今浪隆博に粋な計らい。ヤクルト対巨人の最終戦は消化試合ではなかった!

2017年10月7日 16時05分 (2017年10月10日 08時47分 更新)

 ヤクルトは10月3日に行われた巨人戦で全日程を終了。試合終了後に真中満監督がスピーチを行い、日本シリーズ出場球団に比べると、およそ1カ月早いシーズン終了となった。同時に筆者がライフワークにしている神宮球場におけるプロ野球観戦も終わりを迎えた。2016年、2017年と2年連続で皆勤を果たしたことへの満足感はある。

 さて、その最終戦は両チームともに順位が確定していることもあり、いわゆる消化試合と呼ばれてしまってもおかしくないマッチアップだ。しかし、そのなかにも見どころはあり、両チームはファンを楽しませてくれた。

※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket』と『週刊野球太郎』でニュースやコラムが読み放題!

■音で魅せた選手への感謝

 ヤクルトでは、真中満監督、伊藤智仁コーチの退任は発表されていたが、選手の去就についての情報は出ていなかった。しかし、最終戦となった10月3日の試合前に11選手(育成含む)に戦力外通告。そのなかには飯原誉士、今浪隆博といった1軍での実績がある選手も含まれていた。今浪は「甲状腺機能低下症 橋本病」を理由に現役引退。一方、飯原は現役続行を希望しており、他球団からのオファーを待つことになることもあってか、両選手ともに引退試合のセレモニーはなかった。

 2人の引退試合、セレモニーがないのは残念だが、球団からは粋な演出があった。スタメン発表前に今浪の出囃子でもある「スターライトパレード」がかかったのだ。場内はざわつき、気づいたファンはSNSへ投稿する。

注: この記事は配信日から2週間以上経過した記事です。記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品