0

「不幸な結婚」をする女性が選びがちな男性の特徴

2017年10月13日 21時15分 (2017年10月15日 12時42分 更新)

■「恋は盲目」になり、不幸な結婚をしてしまうケースも
晩婚化が進み、未婚の男女が多くなっている一方で、「結婚をしたい」と婚活に励む人もたくさんいます。婚活に成功すると「めでたくゴールイン」などと祝福されますが、本来、結婚はゴールではありません。結婚はスタートであり、実は大切なのは結婚をした後なのです。

結婚した相手や環境によって幸せな結婚になることもありますし、不幸な結婚になってしまうこともあります。不幸な結婚になると最終的には離婚をすることになってしまい、何のために婚活に時間と労力を使ったのだろう……ということにもなりかねません。

結婚した後で「こんなはずじゃなかったのに……」と気づいて離婚する理由のひとつは、結婚前に相手のことをちゃんと見ていなかったことが挙げられます。「恋は盲目」といいますが、人は相手のことが好きになってしまうとマイナス点を見て見ぬふりをします。客観的に見れば「え?」と思うようなことでも、「ステキだわ」と思えてしまい、そのまま結婚をしてしまいます。

もしくは、苦労して婚活を進めていると、「こんな条件のいい人を逃したくない」「またお見合いからスタートするのは面倒だ」などと考え、「とにかく結婚すること」自体が目的になってしまい、盲目的になるケースもあります。そこで、女性がついつい「盲目」になりがちな男性のタイプを紹介します。

■こだわりがありすぎる男性
「こだわりがある」というと、独自の視点があったり、なんだかカッコいいというイメージがありますが、程度によっては不幸な結婚に結びつくこともあります。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品