0

カゴメの株主優待は本当にお得なのか?

2017年10月13日 21時40分 (2017年10月15日 13時42分 更新)

■カゴメの株主優待は本当にお得なのか?
カゴメはトマト加工品で国内60%以上のトップシェアを誇り、業務用を中心に海外でもケチャップやトマト加工品で第3位の加工食品メーカーです。ケチャップや野菜生活100などのジュースを主力とし、生鮮トマトやサラダパックなども展開しています。

同社は1998年から「ファン株主づくり」に取り組み、「社長と語る会」という個人株主と対話する機会を設けながら、個人株主数を増やしてきました。そして2001年に掲げた「ファン株主10万人構想」を2005年に達成し、現在約19万人という業界圧倒的多数の個人株主を有します。個人株主比率は99.6%となっており、個人株主による株価下支え効果もあると思います。

個人株主にとっての魅力の1つは同社の株主優待だと思います。実質利回りは低いものの、やはり食品の株主優待は人気があります。そこで今回はカゴメの株主優待が魅力的なのかどうかについて検証してみたいと思います。

【銘柄名】カゴメ
【市場:コード】東証1部
【予想配当+予想優待額面利回り】:1.5%
【2017年10月12日株価】3695円
【株主優待獲得最低投資額】 100株=36万9500円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 34円
【株主優待権利確定月】 6月末、12月末
【優待内容】自社製品
100株以上・・1000円相当
1000株以上・・3000円相当

■トマト市場をゼロから切り拓いたトマト加工の国内最大手企業
トマト加工品を主力とする国内最大手企業で、飲料・食品・調味料・生鮮野菜を展開しています。
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!

注目の商品